○ アリスの歩み○



space  アリス株式会社は、1995年7月に住友商事の100%出資会社「住商アリス株式会社」として活動を開始いたしました。アリスの社名は、 「Amenity Life System」 の頭文字ALISからとったものです。その名のとおり、「お客様に快適な生活をしていただくための流通システムづくり」を目指し、住友商事の国内外の商品調達力を活かして、家庭紙をはじめとする各種消費財を取り扱い、主に、代理店による宅配取引という形態で、事業を展開して参りました。
 そして、1999年10月に住友商事が子会社の独立を促進したことを背景に、MBO(Management Buy Out)という手法により全株式を代表取締役福井健統が買い取ることで、現在の社名となりました。

 こうして発足したアリス株式会社は、住商紙パルプ株式会社(2013年1月1日に国際紙パルプ商事と合併)が行っていた家庭紙宅配事業を引き継ぎ、それぞれ独自の販路をお持ちの代理店様による全国販売網を構築することで、差別化商品である芯なしトイレットペーパーやタオルペーパー等の家庭紙、コピー用紙、トナーカートリッジなどを取り扱っています。さらに、物販だけではなく、アリスの総合商社時代のノウハウを活かして、貿易実務や小規模多頻度取引の業務代行を行うとともに、今後の成長が期待される新興企業の成長支援を行っています。
space




このページについてのお問い合わせ等はalis@aliskk.co.jpまで御寄せください。
アリス会社概要トップへ戻る