アリスからのお知らせ



コピー用紙「Copy&Laser」の価格値上げとブランド切り替え
の申し出が仕入先から参りました

2018年04月07日


アリスで取り扱っているコピー用紙「Copy&Laser」の仕入先から、同製品の価格値上げと、その対応策としてのブランド切り替えの申し出がありました。今回の値上げの背景には、パルプ価格と国内の物流コスト、特に小口運賃の高騰があります。 いずれにせよ代理店様には大きな影響が出ることから取り急ぎご連絡します

仕入先からの申し出はつぎのとおりです。
1. APRIL社(Asia Symbol社)の輸入コピー用紙「Copy&Laser」の販売価格を5月、7月、9月の3段階に分けて値上げしたい。
2. その背景には、市販パルプ、特に輸入パルプ市況が(これまで長らく500ドル台/トンで安定していたもの輸入パルプ市況が、最近、史上最高値の900ドル台/トンを付けて高値安定してきていることがある。
3. その対応策として仕入先は、(運賃を除く)品代を上げなくても済むように、パルプを自社生産している国産メーカーに仕入先のPBブランドのコピー用紙を製造委託してそのブランドに切り替えることで、供給するコピー用紙としての価格が上がることを極力抑えたい。
4. PBブランドの品質、特に白色度は「Copy&Laser」と同等とする。
5. ただし、国内物流費は現在上昇を止められないのが実態。車取りをしていただける大口届の取引の場合は5%程度の値上げで対応できる見込みだが、ケース単位の小口届の取引分は運賃については、20%近くの大幅な値上げをお願いする可能性が高い。

これに従うと、アリスは9月には品代だけで代理店様に品代の上昇分だけで3%〜20%、国内運賃までを勘案すると運賃込みの販売価格では5%〜30%以上の値上げのお願いしないといけなくなると予想されます。(車取りはともかくも小口は30%近くの値上げにもなる)

アリスとしては、代理店様への影響を極力緩和するために、以下のように仕入先と交渉しています。

11. そのような急激な値上げはとてもアリスの代理店様に受け入れてもらえない。アリス既存顧客への値上げは市場浸透後にしてほしい。
12.「市場浸透」とは文具通販会社やネット通販のAmazonの価格(FBA)の値上げが確認されたときである。そして、値上げ後の価格は、もちろん今まで通り、これら各社の小売価格以下で売っても代理店様に流通マージンを確保できる価格でないと話にならない。
13.アリスが先行して値上げしても、その影響力は少なく値上げ浸透にはならない。取引先を失うだけである。それはすでに過去に経験済みのことである。
14.文具事務用品の主要通販は2月と8月に*カタログを改定する。現在配布されている2月カタログの改定がされるのは8月となろう。そこで値上げがされていれば値上げは浸透ということになり、アリスの代理店様にも理解していただけるであろう。よって、値上げが必要としても8月以降にしてほしい。
15.市場浸透を待たずに値上げ通知をして取引を失う愚はお互いに避けたい。
16.難しいとは思うものの、アリスとしては他の仕入先候補にも当たり価格高騰回避の努力をしてみたい> 。

なお、紙業界は戦前王子製紙の作った流通慣行があり、現在も各メーカーの代理店権をもつ会社は数社に絞られており、たとえ総合商社といえども代理店権は得られずに2次店に甘んじています。アリスの出身母体であった住友商事もその例外ではなく、王子製紙、日本製紙等から直接仕入れることはできませんでした。現在製紙メーカーは代理店と一緒になってその傘下にある2次店、3次店まで把握しています。流通の入れ替えは原則せず既存流通業者の権益を守っています。このため、成長著しいユーザーや販売業者でも紙ビジネスへの参入が難しく、アリスも国内メーカーの製品は、メーカーの代理店権をもつ会社から仕入れるしかありません。
また、アリスが直接コピー用紙の輸入をすることも残念ながら難しいのが実情です。
アリスはもともと、住友商事の子会社だった1995年当時、APP社のコピー用紙を最初に日本市場に本格的に輸入した会社です。しかし当時は、現在日本のコピー用紙市場でシェアを獲得しているAPP社を初めとする海外メーカーは日本法人をもっていなかったため、取引が可能でしたが、現在は、APP社もUPM社もAsia Symbol社も日本法人を持ち、在庫もしています。そして日本のメーカーに倣い、代理店権を特定の紙流通に絞り込んできています。アリスは2016年にも直接輸入を試みましたが、3社とも日本法人のトップに面談をしたものの、彼らは日本で相互の競争は避けることを暗にほのめかしアリスが直接輸入する余地はありませんでした。
このため、アリスは、輸入紙も現在の仕入先を通して商材を確保しております。
以上の紙業界特有の事情をご理解ください。その他、ご不明な点があれば、アリスにお問い合わせください。






芯なしトイレットペーパーのメーカーブランド切替への
ご協力ありがとうございました

2018年04月01日


1. (報告と御礼)
北海道を除く地区につき、アリスのプライベートブランド「芯なしトイレットペーパー」(ALPB)のメーカーブランド(NB)への切り替え完了のご報告と皆様のご協力に御礼を申し上げます。

昨年2017年秋口にアリスの小口配送を担って頂いていた運送会社2社から運送料、保管料、荷捌き費等物流費の大幅値上げの要請を受けました。
それとほぼ同時期に全国に8社あったアリスの「芯なしトイレットペーパー」地域別起用の仕入れ先メーカーのうち2社から従来通りの取引継続が難しいとの申し出がありました。
具体的には、細芯ALPBの製造依頼をしていた1社から「親会社がM&Aのために変わり、アリスのALPBの製造が出来なくなった」、太芯のALPBの製造依頼をしていたもう1社からは「芯なしトイレットペーパーからは徐々に撤退したいので今の価格では商材の提供が出来ない」旨の通知を受けました。

このため、従来通りのままの物流方式で、従来通りのメーカー起用が出来なくなったアリスは、芯なしトイレットペーパーに力を入れる別のメーカーを起用してALPBの製造を依頼しなければならず、物流をそれまでの形のまま維持しようとするなら製品価格の7〜10%値上げをお客様にお願いせざるを得なくなるよう追い込まれました。

そこでアリスは物流費値上げ回避と仕入メーカー起用方法を抜本的に変更する決断をしました。具体的には今後も「芯なしトイレットペーパー」に力を入れてくれるメーカーを起用するとともに、ALPBをNBに切り替え、物流もメーカーからアリスのお客様指定の場所への直送に切り替えることで、物流費の値上げを回避できるよう決断し、実施しました。

その結果、1985年以来アリスが住友商事の子会社時代からご愛顧頂いてきましたALPB「ソフトロール」、「ナイスデイ」、「ワンタッチコアレス」につき、北海道を除く地区について廃止し、NBへの切り替えが完了しました。皆様には切り替えに伴うご迷惑をおかけしました。代理店様のご協力のおかげで当初お願いした10%値上げを撤回し、従来価格に据え置くことでの切り替えが完了しました。ここにご迷惑をおかけしましたお詫びとご協力の御礼を申し上げます。

2. (商権維持への施策)
  アリスの「芯なしトイレットペーパー」をご購入いただいているお客様の殆どはアリスから仕入れた商材をユーザー様に再販売して下さっています。メーカーブランド(NB)になりますとユーザー様の中に(アリス代理店様やアリスの取引ルートを飛び越して)メーカーに直接仕入れ交渉をされるところがでてくる危惧がありました。
それを回避して代理店様の商権を守るためにメーカー直送の取引をしても、「メーカーはアリスの代理店様やアリスを無視して直接ユーザー様とは取引をしない」という契約を取り交わしており代理店様の商権をお守りする措置を講じております。もしこのような問題が発生した時にはアリスにご相談ください。メーカーとの折衝でその改善措置を講じます。

3.(値上げの動きと今後の見通し)
小口物流の値上げの動きはドライバー不足等で現在も収まらない状況にあります。アリスに協力してくれているメーカーもその例外ではありません。今回NBで起用したメーカー様には「少なくとも2018年秋までは変更しない」という約束で上記1、2の対応をする了解を得ています。
しかし業界の家庭紙値上げの圧力は強く、日本経済新聞の記事にもありますように4月21日からの値上げを一斉に打ち出してきております。アリスの代理店様は家庭紙業界から見ると異業種の方々が多いこともあり、家庭紙業界での論理が通用しにくいことを理解して価格変動を回避する努力をアリスはしてきました。今後もそれを続けます。
今後ともアリスの起用する芯なしトイレットペーパーのお取引をよろしくお願いします。

4.(情報の共有)
業界の動きを理解して頂くために今後は適宜このような情報書簡を月次レポートとしてお送りしてお客様との情報共有に努めていきたいと考えております。また上京の節は遠慮なくアリスの事務所にお訪ね下さい。前もってご連絡を頂ければお時間を空けて福井以下スタッフが歓迎します。






アリス代表取締役・福井健統からのご挨拶

2018年01月07日


アリス株式会社の社長の福井健統です。
世の中はネット取引が当たり前になり、その傾向は加速する一方です。それにアリスは対応するべく、このたび今までのホームページ(HP)を全面改訂しました。 そのポイントは次のイ)、ロ)の通りです。また、代理店様、仕入先様のいずれにも、ハ)の登録をお願いします。

イ)代理店様へ:
 
アリスから仕入れていただける商材を今までよりも大幅に増やし、代理店様/ユーザー様の多様な要求に応えることが出来るようにします。 そのために今アリスの仕入れがある仕入先メーカー様を広く皆様に紹介することにします。
仕入先メーカー様一覧をご覧ください。そこではHPのある仕入れ先のそれを*印をつけて紹介しています。そのメーカーHPの商材欄をカタログ代わりにご覧になってください。
取り扱いをアリスの代理店様の希望されるものは積極的に取り上げさせていただきます。

またアリスが今現在取引出来ていない商材で代理店様が仕入れをご希望される商材は仕入れを試みてみます。アリスにご相談ください。
新規にできた仕入先の商材は適宜アリスのHPでご紹介を新規仕入先として紹介をして行きます。

イーコマース(EC)で今までの代理店様の持っておられた顧客に加え、ECで新たな顧客を増やそうとされる方はアリスにご相談ください。 アリスは今までの代理店様に加え、新たに「EC代理店」とも考えられる代理店様の参加を歓迎していきたいと考えています
そのようなお考えの既存代理店様にはアリスのスタッフが知っている「EC代理店様」開店に必要な知識経験等を伝えますし、一緒にそれを推進していく予定です。

新規のEC代理店様をアリスは積極的に募集して行きます。そんな希望があられる方、そんな希望を持っておられる方のご紹介も歓迎します。
新しい時代に適応するための努力を新しい血を入れて行いたいとアリスは考えています。

ロ)仕入れメーカー様へ:

取扱商材、そしてアリスの商材を扱ってくださる代理店様を大幅に拡大していきたく考えております。
アリスは住友商事の子会社として産声をあげました。その創立1995年から数えて22年が経過しました。
そのような経緯から「アリスの名前を入れた商材」しかも「住友商事時代の紙部門の専門性のある商材」の仕入れに特化する傾向がありました。
しかし住友商事から離れてアリスとして1999年から独立して既に18年が経ちました。
このHP刷新を機にアリスは変身を試みます。
「代理店様の扱いを希望される商材は何でも扱う」、しかも「引き取り単位が小さくても扱う」、「アリスが仕入れることが代理店様が直接行うよりもしやすいものであれば何でも仕入れて代理店様の要望に応える」と言う方向に舵を切ります。
そのために別に紹介している「ナイス企画」を参照ください。
そこにはアリスの仕入れの考え方や技術的な価格決定の方策が述べられています。そこに添付されている基本契約も参照ください。
これを基本としてアリスは仕入先メーカー様や仕入商材をどんどん広げて行きます。
是非ともお力添えください。

ハ)「Mailアドレス」をご登録ください

アリスのお取引様はアリスに「ご担当者のMailアドレス」を登録下さい。
今までアリスの取引は1985年当時の取引方法を踏襲したそれを基本としてきました。
しかしその当時はなかったインターネットの普及が世の中の取引を一変させて今日それが加速化しているのが実態です。
それを取り込むためにはお取引先のご担当者のMailアドレスに対して迅速な連絡が出来るようにすべてのお取引先に「ご担当者のMailアドレス」を登録していただ きたくお願いします
そして今までの取引であるFAXでの受発注に加え、ネットでの受発注の対応を並行して出来るようにします。ネットへの受発注への切り替えを希望されるときには それが可能なように対応をします。
遠慮なくご相談ください。